サロン経営に不要な行動


今回は、サロン経営においてしなくてもいい行動を一掃しましょう、というお話。


鳴かぬなら、

殺してしまえ
鳴かせてみせよう
鳴くまで待とう

と三人の天下人のように

============
1.殺してしまえ
→不要なものは排除

2.鳴かせてみせよう
→創意工夫・試行錯誤

3.鳴くまで待とう
→効果が出るまで待つ、
継続する
============

 

 

前回は『切り捨てる勇気』

不要なものは排除しましょうというお話しでした。


今回は前回の補足です。


前回の記事で「不要な行動」の喩えとして、『ノートをキレイに丁寧に時間をかけて書いているのに、成績が悪い子』を挙げました。


こうした子は


こんなに勉強してるのに、いつも成績が悪い…

私は頭が悪いんだ…

と思っていることが少なくありません。


本当はその子の頭が悪いのではなく

========
【やり方が悪い】
========

これだけです。


でも間違ったやり方を「やり方が悪い」と気付かず、ずっと続けてしまっているので、成績が良くならないのですね。


集客でもこれと同じで1年間毎日ブログを書いているのに、ブログから一人も集客できないという方もいます。


そうした方は

「私は文章力がない」とか
「私にはビジネスの才能がない」とか

思っていることが多いですが、ただ【書き方が悪い】、これだけなんですね。


この方の問題点を挙げるとすれば、


『結果が出ていないのに同じことを続けていること』


「継続は力なり」とか
「続けていればいつかは芽が出る」

こんな風に考えているのかもしれません。

 

でも

いつも同じような記事
いつも同じような内容
いつも同じような書き方…

同じことを続けていて違う結果が出るでしょうか?


長く続けていても結果が出ない場合は、やり方に問題がないか確認したほうがいいですね。


私がご相談を受けた中では、いつもブログの記事タイトルを同じにしている方がいらっしゃいました。

しかも複数名。


アメブロの記事一覧を見るとこんな感じです。

【癒しサロン○○○】
【癒しサロン○○○】
【癒しサロン○○○】
【癒しサロン○○○】
【癒しサロン○○○】
【癒しサロン○○○】
【癒しサロン○○○】
【癒しサロン○○○】
【癒しサロン○○○】


毎日毎日、同じタイトル!

ご本人曰く

「うちのサロンの名前を覚えてもらえるように」

 

とこうしたタイトルをつけていたらしいのですが、これではサロン名を覚えてもらう以前に、見込み客の方に記事を読んで頂くことができません。

 


そして実際にお客様がいらしていないのですね。

 


何ヶ月も毎日ブログを書いていて集客できないなら、気付こうよ!


『私のブログはどこか変えないといけない』って。


気付いていても、自分一人で悩んでしまって何が悪いのか答えを出せない方もいます。


結構長い間悩んでいる方もいらっしゃいますね。


そんな方には『一人で悩むことを続ける』というクセがあります。


一人で長い間悩んでいて答えが出ないのであれば、『誰かに感想を求める』など、今までとの行動パターンを
変える必要があるのです。


つまり、『一人で悩み続ける』って前回までの流れで言うと、【不要な行動】


長く続けていても結果が出ない場合は、何かしらを変えなければいけません。


そこで

【鳴かぬなら
鳴かせてみせようホトトギス】と、

==========
創意工夫・試行錯誤
==========
が登場するのです。


次回に続きます。

 

 

ブログ集客のご相談はこちら